こんなに有るの?北海道の蟹を食べつくす旅に出よう!

色々な蟹がいる北海道

北海道では、ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニを始めてとしてこれ以外にも色々な種類の蟹を食べる事が出来ます。広い北海道ですから獲れる時期や種類は地域によって異なりますが、その土地ならではの味覚を食べるのは旅の楽しみの一つです。

似ているけれどまったく違う花咲蟹

大型の蟹として有名なのがタラバガニは、広く流通している為に知名度も高い蟹の一つです。このタラバガニに容姿は似ていますが全く味が違うのが花咲ガニです。現在は漁獲制限が設けられているのであまり眼にする事はできませんが、足の肉が太く身も多く入っていて油分が多く味が濃厚です。生で食べる時には特有の甘い香りがあるので塩茹でなどで食べられる事が多い蟹です。タラバガニと同じように殻が固く棘がたくさん有るのが特徴です。

毛深いけれど人気の毛蟹

ずんぐりとした形をしている毛蟹は、全身が淡赤褐色で殻は固くは有りませんが足を含む全身に毛が生えている為に「毛蟹」と呼ばれます。ズワイガニやタラバガニなどの大型の蟹と比べると、体が小さくので食べられる部分は少ないのですが、身に甘みがある事や、カニミソの量が多いので人気の蟹の一つになっています。

足長で味が絶品のズワイガニ

ズワイガニは深海に住む大型の蟹で「ズワイ」とは、細い木の枝を指す古語の「楚」から来たとされます。名前に違わず長い足が特徴で生の状態では暗赤色をしていますが、熱を加えると赤く変化します。塩茹での他に、蒸し料理としたり。カニ鍋などで食べられますが新鮮な物は刺身として生で食べる事も出来ます。上品な甘味が定評の肉と濃厚なカニミソで人気になっている一つです。

好みの味を探しに行こう

色々な種類の蟹が北海道に存在しています。北海道旅行に出かけて食べ比べ、その中から自分の好みを見つけて見るのも楽しい旅の一つです。

夏に北海道の旅行をする際の見どころとしてはラベンダー畑が挙げられます。ラベンダーの他、ヒマワリやキガラシの花も見られます。